中学入試と生物の攻略方法

中学入試と生物の攻略方法

中学入試勉強の生物は、とにかく覚えることが大切になってきます。

 

覚える方法ですが、何度も同じテキストを読んでいろいろな問題にあたることが大切になってきます。
生物は、動物や植物が好きな人であれば、自然と頭に入ってくる教科でもあります。
小さい頃から図鑑などを見ている子供は、自然と頭に入っている場合が多くあります。
生物の勉強で重要なのは、同じテキストをひたすら読んで何度も問題を解くことです。

 

注意をしなければいけないのは、いろいろなテキストを中途半端にすることです。
いろいろなテキストを中途半端にしてしまうと、とても大変です。
覚えられるものもなかなか覚えることができません。

 

勉強方法で大切なことは、テキストは一冊を使用し、問題はいろいろなものをすることが大切なのです。
そうすることで、基礎が確実に身につきます。そして、応用も自然ととくことができるようになるのです。

 

中学入試をする場合には、基礎ももちろん大切ですが、応用問題をとけるようになることが大切になってくるのです。
何度も問題に出てくるものは確実に覚えなければいけない部分です。
逆に、問題にあまり出てこない部分はそこまで覚えなくてもいい部分なのです。

 

とにかく重要な部分を全て覚えることができれば、偏差値も60以上になることができるものです。
生物のテキスト一冊を徹底的に覚え、問題はいろいろなものに挑戦をすることが生物の点数を稼ぐことができる一番いい方法なのです。