中学入試の図形の難問

中学入試にある図形の難問について

中学入試をする皆さんのなかで算数の図形問題が苦手な方も多いでしょう。
確かに図形の問題は複雑なものが多く、中には難問と呼ばれるものも数多く存在します。

 

しかし実際に多くの受験生が勘違いしていることとして、算数は生まれた時からセンスが無ければならないとか、才能がないと勉強しても成績が上がらないといった考えを持っているのです。
しかし実はこれは大きな間違いです。
中学入試に限って言えば、図形の問題を解くのにセンスや才能は必要ないのです。
しっかりとした対策を立てれば実際に成績は上がります。

 

まずは問題を見た時に与えられている条件を図形に丁寧に落とし込みます。
ここで丁寧に書くことによって新たな発見があるかもしれません。

 

そして次に線分や角度を見て、同じ部分が無いかを探します。
同じ部分を探すことによって相似や合同に気づける場合合があります。

 

そして次に実際に補助線や公式が使えないかどうかを確認します。
この過程は何度も練習をする必要があるため日頃の練習が必要になってきます。

 

しかしいくらこのような対策をしっかりと立てても、実際の試験問題では歯が立たないような難問と呼ばれる問題が出ることだってあるのです。
しかし、このような難問を完全に正解する必要はないのです。
部分点さえ取れば、あとの基礎から標準レベルの問題を取ることで合格点に達することは可能です。
ですからまずは図形問題に限らず、基礎や標準レベルの問題を確実に正解できるようにしておきましょう。