中学入試と地方産業の覚え方

中学入試と地方産業の覚え方

中学入試と地方産業の覚え方について、「歴史漫画」や「文学作品」などを活用するという方法があります。
地方産業に関しては、古くから伝統的に産業が行われているものが数多くあります。
例えば長野県であれば、養蚕などの産業は「ああ野麦峠」などの文学作品にも代表される通り、古くから長野県で行われている産業の1つです。
地方と産業を結び付けて覚える際にはこのように「文学作品」や「歴史漫画」を用いることで、比較的頭に残りやすい覚え方ができるようになります。

 

これは中学入試にも活用が出来ます。
そのため、幼少からこのような「歴史漫画」や「文学作品」にふれるきっかけが多ければ多いほど、中学入試の際にも、地方産業について答えを導きやすくなるというメリットがあります。

 

また、旅行などに行き、博物館などを見学することで地方産業について学ぶという方法もあります。
市が運営している博物館や美術館には、その地方の産業について学ぶための展覧会などが開催されていることも多く、分かりやすく産業について勉強をすることができます。

 

また、このように実際の地域を訪れて学ぶことで、頭にも大変残りやすく中学入試の際にも役立ちます。
博物館や美術館によっては、クイズ形式で産業について学べるように配慮をしているところもあり、自分の頭で考えることで、正解を忘れにくくなるというメリットもあります。
このように「歴史漫画」や「文学作品」を活用することや実際に旅行をして学んでいくという方法は、とても記憶に残ります。